【実体験】新型コロナ、罹った場合の費用は?何が必要?【ホテル療養】

皆さんこんにちは!

冬になり新型コロナウイルスの勢いが増していますね…

何を隠そう私自身も感染してしまい、最近までホテルで療養をしていました。

不謹慎ですが正直貴重な体験にはなりました。

感染してしまったらどうしようと思っている方も多いと思います。

ですので今回は、検査からホテルへの入居、生活までの流れを実体験を踏まえて解説していきたいと思います。

あくまで一例ですのでその辺りはご考慮ください。

濃厚接触者→PCR検査実施

まずは感染経路ですが、飲み会に参加をしたところ、翌朝に参加者の1人に微熱がありコロナ陽性と診断され、私は濃厚接触者と判断され保健所の指示のもとPCR検査を受診しました。

予防や配慮が足りなかった点は反省ですね。

PCR検査を受診した翌日、保健所より陽性である旨を伝えられ、人との接触を断つこと、ホテル療養になることを指示されました。

ちなみに少し嗅覚が鈍い感じがありましたが、その他は無症状でした。

MEMO
PCR検査を受診した際、私は実家に滞在していたのですがもちろん両親や兄弟も同じ家にいたので家族も濃厚接触者と判断されPCR検査を受診することになりました。幸いにも陰性でしたが、しばらくは自宅待機となり非常に申し訳なかったです。

どんな検査だった?

今回私が受診した検査は鼻咽頭拭い液を採取する方式で、綿棒を鼻の奥に差し込みぐりぐりとするやつです。

インフルエンザでよくみられる方法ですね。

結構痛かったです…

ホテル療養生活について

陽性と診断された翌日からホテルに入居しました。

私の住んでいる地域ではビジネスホテル比較的症状の軽い感染者が療養できる施設として使用されているみたいです。

 

費用について

宿泊費用、食費(朝昼夕)は全て無料でした。

自分の責任で感染したのにここまでしてもらって申し訳ない気持ちが大きかったですが、非常に助かりました。

療養費について心配されている方は安心していいかと思います。

行動制限について

療養中は原則として、居室内で生活をします。廊下にも出てはいけません。

各階の廊下に棚が設置してあるのですが、そこにスタッフの方が支給品を置いてくれます。

各部屋にアナウンスがされた時にだけその支給品を取りに廊下に出ることができるという仕組みです。

また朝昼夕と「体温」「血中内酸素濃度、脈拍」をホテル付の看護師さんに報告します。それぞれ測定する機器は入居時に渡されました。

ホテルでの飲食

食事は毎日3食が支給されます。基本的にはお弁当がもらえ、朝食にはサンドイッチが出てきたり、みそ汁がついたりといった感じでした。

ホテルによって違うと思うのですが、私の滞在したホテルでは地元の企業が作っているお弁当が出てきていました。

飲料は毎食に紙パックのお茶、1日1本ずつポカリと天然水と野菜ジュースがもらえました。

私には適量だったのですが、たくさん食べる方には少ないかもしれません。

参考までにお弁当の写真です。

PCの上に置いてしまってすみません…笑

なかなかバラエティ豊富でおいしいお弁当が多かったです。

部屋のクオリティ

某大手ビジネスホテルということもあり、不自由なく生活できました。

部屋の設備
・トイレ、ユニットバス

・32型壁掛けテレビ

・Wi-Fi、有線LANケーブル有

・ツインベッド

・加湿器

・ケトル

・冷蔵庫

用意しておきたいもの

ホテルの方から持ってきたほうがいいものの指示がありますが、個人的に持参したほうがいいと思うものを挙げてみます。

ホテル側が準備してくれるもの

  •  バスタオル、ハンドタオル
  •  歯ブラシ
  •  髭剃り
  • シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ
  • ゴミ袋

日常で使う最低限のものはホテルで準備してくれます。

持っていくと役に立つもの

 

  •  暇つぶしになるもの(ゲーム、PC、タブレットなど)
  • お菓子、ガム、飴
  • 普段使用しているお風呂セット
  • 化粧水
  • タコ足延長コード

挙げたらきりがないのでこんなところです。

最重要アイテムは「暇つぶしになるもの」ですね。これは入居前にホテルのスタッフの方からも言われました。笑

私の場合は1週間ホテルに滞在し、外にも出れなかったので絶対に遊び道具が必要だと思い、PCとPS4を持参しました。

ネット環境も整っていたので持って行って正解でしたね。

お菓子」については、私自身結構間食をするタイプなので何か持って行ったほうがいいかと思い、ボトルガムを買っていきました。

荷物になるので大きなお菓子は注意ですね。

お風呂セット」は自分に合うシャンプーが良いという方は持参するといいかと思います。

化粧水」に関しては部屋がとても乾燥するため意外にも必須かと思いますね。

延長コード」はビジネスホテルって意外とコンセントが少ないので持参して正解でした。

まとめ

以上が私が体験したホテル療養生活になります。

もちろん感染しないことが一番ではありますが、ここまで感染者が毎日増加している以上感染してしまう可能性は高くなってきています。

不足の事態に備えておくためにもぜひ参考にしていただけたら幸いです。

私自身誰にも感染を拡げることがなかったのでそれは良かったかなと思いました。

ご精読ありがとうございました!